Attic 出島ものがたり・・・5
test
2017年7月8日

せっかく、歴史の街長崎にいるのだから

たまには勉強してみよう・・・

 

 

おぉっとその前に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラバーさんやシーホルトさんが長崎にやってくる200年前の話!

 

出島は, 鎖国日本に唯一の西洋に向って開かれた場所で,

貿易管理とキリスト教禁教政策を推進する ために

1634(寛永11)年に造られた 扇形をした人工の島。

 

家康→秀忠→家光の時代!

 

ここにオランダ人が居住して 貿易を 行っていたらい・・・

 

この辺りを書くと、読むのが大変になるので、興味がある方は

調べてください(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明治維新以降は 貿易が自由化されて出島の機能は失われ,

周囲は埋め立てられて姿を消した・・・出島!

 

 

 

さて、

 

改めまして、せっかく歴史の街長崎にいるのだから

たまには勉強してみよう・・・

 

今回は第5回目で スポーツのお話・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、この絵を何のスポーツかわかりますか?

 

バドミントンです!

 

バドミントンは 両側のコートから中央のネット越しに,

シャトルを 打ち合うスポーツ。

 

上の図は・・・

出島のオランダ人の風習などを紹介した「紅毛雑話」の中に

バドミントンによく似た ラケット(羽子板)やシャトルコック(羽根)

を使って屋外で遊んでいる 「西洋羽根つき」の 図が描かれています。

 

最初に バドミントンが行われたのは ここ出島に住むオランダ人だそうです!

 

 

出島にバドミントンコートを作って

オグシオ・タカマツペアに来て欲しいですね(笑)

 

 

そんな出島は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の11月!!

130年ぶりに橋が復活します!

 

 

 

乞うご期待!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category アティック

月別アーカイブ