JLAC/JCIGSE 九州予選
test
2018年2月5日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休むことを知らないうちのオーナー!

UCCコーヒーマスターズ決勝が神戸で行われ,私たちは飛行機で帰ると

オーナーは新幹線に乗って・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小倉到着!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ジャパン ラテアート チャンピオンシップ(JLAC) 2018」

 「ジャパン コーヒーイングッドスピリッツ チャンピオンシップ(JCIGSC) 2018」

 

九州予選が行われました.

 

JLACは・・・

2006年よりSCAJ展示会にてエキシビションとして開催されてきたラテアートコンペティションは、2008年にJBC2008準優勝の岡田章宏バリスタがWLACに日本代表として参加し、世界第3位として表彰されたのをきっかけに、2009年ジャパン ラテアート チャンピオンシップ(JLAC)として正式に競技化されました。

JLACはヨーロッパで開催されていたSCAE ワールド ラテアート チャンピオンシップ(WLAC)のルールに準じたルールで開催され、2009年からは日本代表選考会を兼ねた大会として開催されております。

 

また,

 

JCIGSEは・・・

欧州スペシャリティコーヒー協会(SCAE)が立ち上げたWCIGSC(World Coffee In Good Spirits Championship)は、コーヒーにウィスキーやスピリッツなどを加えて作る、オリジナルコーヒーカクテルの大会であり、ヨーロッパをはじめ、中南米やオーストラリアからも各国代表が参加して、毎年行われていました。
これまで、日本からも選手を輩出しようという動きはありましたが、選手の推薦・育成方法など、クリアにしなければならない問題がありました。
しかし、コーヒー団体World Coffee Eventsが発足、その活動の下にWBC(World Barista Championship), WLAC(World Latte Art Championship),WCTC(World Cup Taster’s Championship)などの世界大会が一元化されたことを受け、当協会でも参加に向けての気運が高まりました。

 

 

近年では日本人が世界一となりアジアのレベルが一段と上がってます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち(株)Attic coffee and dining はスペシャルティコーヒーの普及・啓蒙活動に参加しております!

 

ぜひ一度,このページもご覧くださいね!

 

http://www.scaj.org/archives/category/news

このエントリーをはてなブックマークに追加

月別アーカイブ