2020年4月17日

暖かったり、肌寒かったりしている長崎出島ワーフ・・・

新型コロナウイルスの影響で店内よりもテラス席が大人気です!

 

 

さて、

 

先月、オーナー野田 信治が中米コーヒー豆買い付けツアーに行った時のブログはご覧になられましたでしょうか?

 

今月に入り、コーヒー豆の通販部門が好調で、ブログの影響なのか?コロナの影響で外出自粛をされているのか

分かりませんが、より多くのお客様に自社焙煎「出島珈琲焙煎所」を知っていただけるよう

がんばっております。

 

 

みんなでこの苦境を乗り越えましょう!

 

 

Category アティック
2020年4月16日

 

 

先日、長崎経済新聞やYahooニュースに取り上げていただいたテイクアウト弁当!

お陰さまで予約注文が殺到中です!

 

前日の21時までのご注文でご予約を承り、朝からスタッフ一同で

盛り込みをしております。

若干ですが、当日飛び込みのお客様用に店頭販売も行っております。

当日も11時ごろまでだったら電話にて取り置きいたしますので

ご連絡くださいね!

 

詳しくは・・・

https://nagasaki.keizai.biz/headline/1707/

 

をご覧くださいませ。

 

 

2020年4月15日

アティックの焼菓子に命をかける サルターレ・カコイ店長!

 

オーナーが「シナモンロール食べたいなー」と言うと

シナモンロールが完成し

今では人気商品となってます。

 

このシナモンロールが新しくケーキセットに仲間入りしました!

 

 

サワークリームチーズがたっぷりとのった「シナモンロール」です!

少し温めたシナモンロールがさらに香りを引き立てます。

 

この機会にケーキセットでどうぞ!

 

2020年4月14日

長崎港の岩壁沿いにあるAttic!

 

観光客の方から「出島はどこですか?」とよく聞かれます。

 

っということで、今日は出島のお勉強です。

 

日本で唯一西洋に開かれていた貿易の窓口・・・出島!

幕府は、キリスト教の布教を阻止するために当時市内に雑居していたポルトガル人を収容する島をつくりました。これが出島です。

出島は、寛永13年(1636年)に「出島町人」と呼ばれる長崎の有力商人に出資させて作らせた人工の島で

建設費用は約4,000両!今の金に換算すると約4億円と言われています。

 

1639年から1859年オランダ商館が閉鎖になるまでの約220年間

長崎、いや、日本の近代発展に大きな役割を果たした場所でした。

 

1885年(明治18年)に中島川の拡張工事のため川の中央あたりまであった出島の内堀が姿を消し

その後、外堀も埋まってしまい今では陸続きとなっています。

 

外堀を散策してみると・・・

 

 

長崎市の復元整備事業で外堀の発掘が行われ

今では水路が通り、海に浮かんだ出島が復元されています。

 

そんな、貿易の窓口だった出島!

ご存知のように長崎・出島はコーヒーの伝来地でもあります。

 

コーヒーは出島のオランダ商館設立(1641年)以降にオランダ屋敷に持ち込まれたと言われています。

 

では日本で初めてコーヒーを飲んだ人は定かではありませんが

きっと、出島に出入りしていた役人?商人?通詞?

ではないでしょうか・・・

 

 

 

 

そんな出島から歩いて3分のところにある「長崎出島ワーフ」

スペシャルティコーヒー専門店のAtticまですぐです!

 

 

 

Category アティック
2020年4月13日

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

出島ワーフも新型コロナウイルスの影響で人通りが少なくなっております。

 

 

この状況の中で私たちができること・・・

 

 

先月よりスペシャルティコーヒー豆がお求めやすくなりました。

 

 

以前までは100gだけでしたが、

新しく250gと500gの販売が始まりました。

 

 

例えば・・・

ナッツやキャラメルのような香ばしい香りと味わいや甘い後口が特徴の

Brazil・Passeio農園

100g  ・・・  700円

250g・・・1575円(1割引)

500g・・・2800円(2割引)

 

価格表やコーヒーのフレーバーなど、分かりやすく表示しております。

 

詳しくはスタッフにお尋ねくださいね!

Category アティック

1 2 3 4 5 6 7 461

月別アーカイブ